Topics

1月6日 第19回かがわの高校生地域創生ビジネスアイデアコンテスト開催

1月6日(土)、地域「かがわ」の健全で持続的な発展を担う人材を育成することを目的に、高松大学大学院ベンチャークリエーション研究所と香川県高等学校教育研究会が共催して、高校生が調査研究活動をとおして地域産業界と連携し、ビジネスアイデアを提案を行う「第19回かがわの高校生地域創生ビジネスアイデアコンテスト」が本学 多目的ホールにて開催されました。
高松商業高等学校、坂出商業高等学校、三木高等学校、志度高等学校、高松中央高等学校の5校5チームがさまざまなビジネスアイデアを発表し、最優秀賞に坂出商業高等学校の「せとうちつよし~商品開発PROJECT~」が選ばれました。

受賞校、テーマなど詳しくは かがわの高校生地域創生ビジネスアイデアコンテストのページへ

◆審査員 高松大学 佃昌道学長の講評
地域産業界との連携のもと、地域の活性化に繋がる具体的な提案が発表され、各校とも工夫があり、予てより継続している企画は、より精度をあげることや変化を加えることで成果が上がているように見受けられた。
地域創生を考えたときに大事なのが地域を知り、地域を見て、触れ合うこと、そのなかで地域の将来をどう考えていくのかが大事であると考えます。今回の体験を生かして地域のことをより考え、地域とビジネスをいかに繋げていくのか、これらをさらに追及し、活用できる人材となってくれればと思います。

Topics掲載年別表示


大学院 経営学研究科

大学 発達科学部 子ども発達学科 経営学部 経営学科

短期大学 保育学科 秘書科

■高松大学・高松短期大学HP