人種差別考

 この数カ月、新型コロナウィルス問題で世界中が大騒ぎになっているなか、あらたに世界を揺るがす問題が出てきている。人種差別問題である。アメリカの白人警察官が黒人を拘束して死に至らしめたことに端を発して同国にとどまらず、世界各地で人種差別に対する抗議デモが頻発している。日本の地方に住んでいる限り、そうした露骨な人種差別の場面に遭遇することはほとんどないが、「人種のるつぼ」と呼ばれるアメリカをはじめとして様々な人種が住んでいるヨーロッパでは差別を直接経験することも珍しくはない。私自身露骨な人種差別を経験したことはないが、それらしい経験はしたことはある。ある外国の観光地のレストランで食事をしようと店に入ったところ、窓際の外の景色が見える席が空いていたので、そこに座りたいと言ったところ、私の言葉を無視して中の薄暗い席に案内された。すると、そのすぐ後に白人の家族が入店してきて何か店員と話をして窓際の席に案内されたのである。しばらくしてもまだ数席窓際の席は埋まらずにいた。好意的に解釈すれば、その窓際の席は予約席であったのかもしれない。単なる私の思い過ごしであったかもしれないが、あるタレントが私と同様の経験を語っていたので、なるほどと合点がいった次第である。
 もう一つ差別とは言えないかもしれないが、ドイツで知り合いからかなり前に聞いた話である。その友人が言うには、アジア人の中では日本人は比較的歓迎されている。どうしてだと思う?と私に尋ねてきた。私が回答できずにいると、ドイツでは日本人はゲスト(お客様)だ。観光にきて現地にお金を落としてくれるか、あるいはビジネスでしばらく滞在して日本に帰る。つまり、ドイツに永住する日本人は稀だから、ゲストという扱いになるそうだ。しかし、他のアジア人はドイツに住み続ける何の利益にもならないやっかいな人間だそうである。
 この数年、特に旧東ドイツ地域では人種(移民)差別をめぐる事件が頻発しており、移民排斥を唱える極右政党、AfD(ドイツのための選択肢、2013年誕生)
が躍進している。また、それを抑え込もうとする勢力も台頭しており、ドイツの将来を懸念する声が強まっている。一体ドイツの民主主義はどこに向かっている
のであろうか?(井藤 正信)

掲載日:2020.06.26

パブリック・ヒストリーと大學の地域貢献

現在、世界で新型コロナウィルス感染症の感染拡大が続いているが、人類の歴史は感染症との遭遇の歴史であると言われている。紀元前430年にギリシアで流行した「アテナイの疫病」のことがトウキデイデスの『戦史』に記されており、日本でも奈良時代の景雲3年(706年)に讃岐等で「飢疫」が発生し、「天平の大疫病」(735年~737年の疱瘡(天然痘))では「死者多し」(『続日本紀』)と書かれている。平安時代には、疫病流行(994年)に対して「公卿以下庶民に至るまで門戸を閉ざして往還せず」(『日本紀略』)と、自宅の門戸閉鎖と外出自粛の慣行が国民の間に定着していたことが分かる。また、政府が生活困窮者のために米や塩、布や綿、銭などを支給する「賑給(賑恤)」政策を行っていることも、現在と同じである。これらの諸現実を踏まえて、古人は「日の下に新しきものなし」(There is nothing new under the sun.)と言った。『旧約聖書』伝道の書1-9には「かつてあったことはこれからもあるであろう。太陽の下に新しいものは何一つない」と記されている。

歴史学には、大學を中心として専門家が知識の体系化をめざすアカデミック・ヒストリーと、専門家が一般の人々と協働しながら日常生活の中で歴史実践を積み重ねて開かれた歴史学をめざすパブリック・ヒストリーの2つがある。後者は公共歴史学・公衆歴史学と呼ばれ、歴史を「考える」だけでなく、「する」ことが重視され、最近注目されている。アメリカの歴史家ヘイドン・ホワイトHyden Whiteは、近代に形成されたヒストリカル・パスト(HP:歴史学的な過去)は、それまで普通の人達が所有してきたプラクテイカル・パスト(PP:実用的な過去)を排除して成立したという。このうち後者の多くを語らない人達の「沈黙の歴史」を「書く」という行為で炙り出していくのがパブリック・ヒストリーの手法であり、ライテイング・ヒストリーの役割であるといえる。

近年、大學には青年の学びと大人の学びに応えていく役割が期待されている。本學でも、地域連携センターの公開講座や學外からの講演依頼も多く、特に現地学習講座は受付と同時に満員となるほどの人気講座となっているが、今後ともパブリック・ヒストリーの考え方に基づいて講座・講演の内容をより充実させながら、地域社会からの要望にも応えていかなければならないと考えている。(溝渕利博)

掲載日:2020.06.12

Web会議は疲れる

例年なら、東京に集合して行う学会の「理事会」ですが、今年は新型コロナのために、自宅からのWeb会議となりました、東京住まいの理事らは、これに頼らざるをえないので、もう何度もやっていて慣れているのでしょうが、当方はGW前に初めてテスト的に本学で使用している「Google Meet」で行ったのみ、そして、今回は、それとは違う「ZOOM」を使用してのものです。それで、まずはZOOMの説明を検索し、わかりやすいHPを参照して理解することから始めます、これが会議の4日ぐらい前のことでした。ZOOMは、インストール無しでもブラウザで機能するとのことですが、わかりやすいHPによると、先にアプリをインストールしておいた方が絶対よいとのことで、そうしました。

それから、手持ちのノートPCのテストをして、カメラ、音声マイクとも無事機能するようになったのですが、カメラはノートPCのディスプレイ画面の上部に付いているので、そのままデスク上に置くと下から顔を見上げるようになり、なんかカッコ悪いと感じました。そこで、余っていたミニテーブルを活用して、1枚目の写真のように高さを稼いだのです、また、顔の映りが暗かったので、電球ランプを付けて、ちょうどよい明るさにしました、映りは大事ですからね。

さらに問題なのは、カメラが捉える「背景」です。だいたいカメラの視野の半分から3分の1ぐらいは本人が占有するのですが、背景に映ってはいけないモノが映ったらシャレになりません、なので、PCデスク上に、斜め30度に向けてPCを設置しました。これで映る背景が2枚目のものとなり、こざっぱりした部屋に見えますね(いざ、会議が始まってみると、背景を隠す処理を行っているヒトも多数いました...)。そして、カメラが付いているPCの画面は、ZOOMで占有されるので、横にもう1台ノートPCを置いて、これで議事に必要な資料を参照することにしました、いや、別にメールで送られてきた理事会用のPDF資料を印刷出力しておけばよいのですが、これがA4用紙で50枚以上もあり、紙とトナーがもったいないと思って、画面上で確認することにした次第です。

さて、当日は15時から会議が開始されたのですが、とりあえずは見えない部分の服もちゃんとした仕事着を着て、トイレを済ませて、飲み物も用意して、この部屋の電話が鳴らないように線も外して10分前に指定されたURLにアクセスし、やがて、会議が始まりました。会議は対面の場合とほぼ同じように進行していき、とくにトラブルもないところがスゴイなぁ、技術は進歩したものだと実感します。ただ、あまり横道には逸れられないなぁ、そして、居眠りもできんし、カメラの視野から出るわけにもいかんし、なんかすっごく余計なチカラが入るような。結局、対面の場合と同じ2時間を要して、無事終了した後にはものすごくぐったりしたのでした。研修などをこれで受けている方も多いそうですが、当方は、疲れた、在宅学習でこんなもの使いたくない、それとも、慣れたらなんとかなるものなのか、などという思いです...。

(正岡 利朗)

掲載日:2020.05.22

日本スポーツマネジメント学会での研究発表

今回は、ゼミ生の研究会(日本体育学会体育経営管理専門領域)での研究発表について報告しようと計画していました。しかし、研究会が中止されましたので、かわりに自分の研究活動について報告します。

今年の2月、日本スポーツマネジメント学会第12回大会が開催されました。わたしは「スポーツプロダクトにおける便益創出プロセスに関する理論的検討:脱論理実証主義的な製品開発理論をめぐって」というテーマで研究成果の報告をおこないました。この研究では、スポーツ経営におけるスポーツプロダクトの開発活動に関する理論的な課題について検討しました。発表では、フロアの先生方から貴重なコメントをいただけました。また、この研究は、本学の地域経済情報研究所研究会(2019年12月)で議論を深めていただいたものです。研究会でコメントをいただきました先生方に感謝申し上げます。

ところで、この学会ではオタワ大学のタックス先生の基調講演がおこなわれました。タックス先生は、メガスポーツイベントの開催が開催国に与える経済的・社会的あるいはスポーツ振興上の効果について議論されました。一般にオリンピック・パラリンピック競技大会のような大規模なスポーツイベントの開催は、開催国にポジティブな効果があると信じられていると思います。タックス先生はこのようにほとんど自明視されてしまっている、メガスポーツイベントの効果を問題化しました。ここでの結論は、メガスポーツイベントが開催国にポジティブな影響をもたらすという経験的証拠は確認できない、という非常に興味深いものでした(と記憶しています)。原文が学会ホームページ(http://e-jasm.jp/conference/cf012.html)に公開されていますので、興味がある方はぜひご覧ください。

あとは近況報告・雑談です。今年は、年始にSPOD(四国地区大学教職員能力開発ネットワーク)の教員研修を受講して、今まで以上にいい授業をしようと意気込んでいました。『大学教員のための授業方法とデザイン』(佐藤浩章 編、2010年)なるテキストも購入して、講義内容と方法を再検討しました。ですが、新型コロナウイルス感染症の影響により、授業実践が大変困難な状況になりました。私自身は、学習上の問いをしっかり構造化できるように、また、問いの文脈をきちんと伝えられるように、音声教材と講義資料を配信するかたちの遠隔授業を実施しています。この方法がどんなふうに作用しているのか/したのかを反省しないといけないなあと感じています。コンテンツの作成・配信という意味では、その難しさを思い知らされ、最近わいわいさんというYoutuberの配信を楽しんでいますが、それは大変だしすごいことなんだなあと感じています。

さて、感染症の影響は深刻ですが、引き続き学習機会の提供と研究活動に取り組んでいきたいと思います。みなさんも、どうか体調にはお気をつけください。(宇野 博武)

掲載日:2020.05.22

風薫る五月

 “コロナ自粛”に明け暮れ、気がつけば5月も半ば。われわれ人間は、世界中で猛威をふるっているウイルスとの戦いで、これまでの日常を奪われているというのに、校庭に植えられた桜もハナミズキもツツジも、例年と変わらず、美しい花を咲かせてくれました。かれらの愛らしさ、美しさに心を癒され、青々とした若葉に生命のたくましさを感じています。かれらは毎年冬の間ずっと耐えているんだな。いま、われわれ人間の忍耐が試されているのかもしれないな――そんな気がしてきました。

自粛疲れで、そろそろ気が緩んできそうですが、もう少しだけ我慢しましょう。そして一日も早く、キャンパスにみなさんの明るい笑顔が戻ってくるよう心から願っています。(稲井富赴代)

 

掲載日:2020.05.13