最近みたスポーツ漫画『風のフィールド』

今回のブログでは、わたしが最近よんだスポーツ漫画について報告したいと思います。というのも、後期は本学において「スポーツ社会学」、非常勤講師として「スポーツメディア論」の講義を担当しており、最近、スポーツ漫画・映画にふれたり、考えたりすることが多いからです。

最近よんだスポーツ漫画の一つに、『風のフィールド』(みやたけし著)があります。サッカーを題材とした漫画ですが、驚いたのは主人公である高校生の「風くん」を指導する「えくぼ先生」の指導方法です。

第1巻では、風くんがはじめて試合に出場し、そこでは「ただやみくもに力まかせにボールを蹴っているに過ぎない」という風くんの技術的課題が露呈します。このような課題を持つ選手に対して、みなさんならどんな指導をおこなうでしょうか。

練習中、えくぼ先生はおもむろにカッターを取り出し、「ボールがいちばんよく飛ぶポイントを知ってる?」と問いかけ、いきなり風くんの足の甲にカッターを突き立てます。当然、風くんは「ぐああああっ」と悲鳴をあげます。後日、風くんは思い悩みます。「なぜオレの右足を…しかもいちばん大事な所を傷つけたのか…」と。それでも風くんは特訓をつづけ、木の柱を素足で蹴り上げるほどのキック力を身につけます。

このシーンには、明確に「暴力」が描かれています。しかし、えくぼ先生の暴力行為は、第1巻をみるかぎり問題化されません。えくぼ先生が風くんにカッターを突き立てるところは、風くんの友人やその他の部員が目撃しているにもかかわらず、です。風くん自身は、先の疑問に対して、「この痛みは目印…強烈なシュートの目印!」と解答を与えます。

ところで、これまで体育・スポーツ科学は、スポーツ活動中に発生する暴力行為という問題に取り組んできました。たとえば、今年1月に開催された「緊急公開シンポジウム2019:我が国におけるスポーツの文化的アイデンティティ再考」においても、暴力の問題について議論がおこなわれました。シンポジウムの趣旨には「これまでの体育・スポーツ研究はどちらかといえば、スポーツ・運動の効果、長所などに焦点を当て、その『素晴らしさ』を訴求することに重点を置いてきた。このため、スポーツ隆盛の陰に潜む負の側面に関わるデータや知見は非常に少なく、危機と闇に対する感覚は鈍麻していると言わざるを得ない」とあり、スポーツに対するわたしたちの反省的な視点の重要性が強調されています。このような視点は、これからのスポーツ界を担う、本学スポーツ経営コースの学生のみなさんにも求められるものだと考えます。

漫画で描写されていることそのものは、実際に起こったことではありません。しかし、そのような物語が構成させる背後には、わたしたちが自明視してしまっているスポーツの姿が見え隠れしているように思えます。スポーツにとって暴力は、とても身近なものとなってしまっているのかもしれません。指導者が行使する暴力に対して、部員は何がしかの意味を見出してしまうのかもしれません。たとえば風くんの場合、えくぼ先生によってつくられた「刺し傷」を「強烈なシュートの目印」と解釈します。カッターで刺されたのですから、その傷は「刺し傷」以外のなにものでもないのですが、なぜかその「刺し傷」が「目印」と読みかえられてしまいます。それも単なる「目印」ではなく、「強烈なシュートの目印」となるわけです。

このように考えていますと、今年の夏におこなわれた日本体育学会で「浅田学術奨励賞受賞記念講演」に参加したことを思い出します。この講演は、体育哲学領域で企画されたものでした。松田先生が「『快としての体罰』にどう向き合うか」という演題で報告されていました。

松田先生の議論は、『運動部活動における体罰の意味論』(体育学研究、2016年)という論文でうかがい知ることができます。運動部活動空間では生徒が、指導者に課せられた「いい選手」という規範を内面化しています。この「いい選手」というものはとても曖昧な基準であるため、指導者はあらゆる生徒の行為に罰を与えることができます。この点が松田先生の主張の一つです。興味深い論文ですので、ぜひ読んでみてください。この論文は、WEBで入手することができます。(宇野 博武)

掲載日:2019.12.06

学生研修旅行in小豆島

11月10日(日)、学生研修旅行で小豆島に行ってきました。今年は残念ながら、日本人学生の参加者はいませんでしたが、中国、ベトナム、インドネシアの15名の留学生が参加しました。
小豆島といえばオリーブ。ということで、まず井上誠耕園でオリジナルのオリーブオイル作りと収穫体験をしました。テイスティングした3種類のエキストラヴァージンオイルを自分好みに混ぜ合せて、世界に1本しかないマイオイルができ上がると、みな喜んで記念に持ち帰りました。
オリーブオイルに含まれるオレイン酸には、便秘改善効果や血中コレステロールを減少させる効果があるそうで、コレステロールが気になる私は、早速マイオイルをバター代わりにして、パンを食べています。ほかにも空腹感を抑える働きがあるというのですが、残念ながら、こちらは全く効果が見られないようです(笑)。
二十四の瞳映画村では、再現された「岬の分校」や民家を見学しました。竹馬は彼らの国にもあるそうで、三カ国の留学生たちが仲良く竹馬をしている姿は、なんとも微笑ましい光景でした。普段はネットゲームに熱中している彼らも、童心にかえって、はしゃいでいました。
午後からは、ロープウェイに乗って寒霞渓の山頂へ行き、銚子渓のお猿の国も見学しました。小豆島には何度も行っている私ですが、実はお猿の国は初めて。“サル団子”は小豆島の冬の風物詩ですが、500匹もいると聞いてびっくりしました。最初は猿を怖がっていた留学生たちですが、翌日「何が一番楽しかった?」と尋ねると、みんな声をそろえて「お猿さん!」と答えました。確かに、一度にあんなにたくさんのお猿さんを見る機会はないですからね。
最後に夕暮れのエンジェルロードを散策し、小豆島を後にしました。
出発前には「ええっ、小豆島? 県内じゃーん!」と、やや不服そうだった留学生たちでしたが、予想以上に楽しかったようで、「来年はどこに行きますか? 来年も絶対参加します!」と言ってくれました。
来年はもっと楽しい学生研修旅行を計画しますから、みなさん、ぜひ参加してくださいね。(稲井富赴代)

掲載日:2019.11.29

100円ショップで揃える非常持ち出し

今年も高松丸亀町のドーム下広場で「ウクレレええど2019」が開催されました。この「ウクレレええど」は、2011年3月11日に発生した東日本大震災で被災して、仮設住宅での生活を余儀なくされた方々が少しでも元気になってもらえればという願いのもとにウクレレ愛好家が集まり、ここ高松で復興支援のイベントが始まりました。「最後の一人が仮設住宅を出るまで」を合言葉に始まったイベントも今年で9年目になりました。そんな中、高松大学経営学部の学生たちに声をかけて、「ウクレレええど」でのボランティア活動が始まりました。2015年のことでした。当初は会場の設営・撤収や会場での受付等の仕事が中心でしたが、「せっかくの演奏会なので動画で見ることが出来ないか」という声に押されて、翌年の2016年からは、山口先生が中心となって動画配信を始めました。動画配信は大変好評で、仮設住宅で生活している人たちから「見ているよ」という声が聞こえてきたり、ハワイからも反応が返ってきました。

今年も山口先生を中心に動画配信を行ったのですが、ドーム下のWF環境があまりにも大きく変化(悪化)しており、残念ながら15時頃には配信を断念せざるを得ませんでした。このような中でも学生たちは、受付や案内、会場の片付けなどをしっかりと行い、実行委員の方や来場者に感謝されていました。
また、今年は「NPO法人東北ボランティア有志の会香川」の代表者藤井節子さんたちが、防災に関する展示などにより参加しました。この法人は、東日本大震災で被害を受けた東北地方の復旧・復興に寄与すること、並びに香川県民に対し、防災啓発活動を行うことを目的としています。そこで藤井さんたちが提案していたのは、「100円ショップで揃える非常持ち出し」です。これまで防災に関わったこともある私にとっても、思いもつかなかった発想であり、大変衝撃的でした。その一例を下の「一次避難持ち出し」と「二次避難持ち出し」の準備例に示してあります。一次避難とは、「緊急事態に遭遇したら、1秒でも早く逃げる。持ち出し品は、1日生き延びられる分」、二次避難とは「身の安全が確認できたら避難所へ。取りに帰れるようなら、準備しておいた非常持ち出し袋」です。また、ここでは述べませんでしたが、次の段階として「在宅避難、備蓄品」の準備例もあります。多くの専門店が推奨する非常持ち出しは、その必要性は理解できるのですが、袋の中には避難段階に関係なく必要なものが殆ど入っていて重く、また値段も高い、などの理由で中々準備ができません。袋が重いと素早く逃げることもできません。しかし、「100円ショップで揃える非常持ち出し」は、避難段階に応じた必要なものを準備しておくので、軽く、また値段も格段に安くなります。

今回の台風15号、19号、そしてその後の大雨により、広い地域で未曾有の被害が発生、今も懸命の復旧作業が続いています。痛ましい限りです。香川県は、幸いにも殆ど被害はありませんでしたが、何時災害に見舞われるか分かりません。
100円ショップで揃える「非常持ち出し」、試してみてはいかがでしょうか?
(末包 昭彦)

掲載日:2019.11.01

阿讃山脈

今年は、8月が涼しく、9月が暑く、変な天気が続くと思っていたら、10月になると台風やら前線の影響で雨が続くなど本当に変な気候になっています。
こう書くと、毎回「天気が変だ」という話をしているような気がします。

香川で台風が少ない理由の1つに「讃岐山脈」があるからということをよく聞きます。
実は「讃岐山脈」という言葉に私はかなり違和感を感じています。
私にとっては「阿讃山脈」と中学校で習った記憶がありますし、中学校の校歌にも「阿讃」という言葉が出てきます。そのことを学生らに言うとものすごく不思議がられました。
いったいいつから「阿讃山脈」は「讃岐山脈」に変わったのでしょうか?
徳島県の人たちも「讃岐山脈」っていうのですかね?
大学の教員をやっていると、小中高の学習の内容が違うことに、年齢を感じることが多いです。(山口 直木)

掲載日:2019.10.25

大学祭へのご来場ありがとうございました

台風の影響で10月12日(土)が中止になってしまった大学祭ですが、13日(日)は開催することができました。多くのお客様が来場くださいまして、ありがとうございました。

浮穴ゼミ3年生は、「あげたこ」の模擬店を出店しました。身内びいきかとは思いますが、なかなか美味しい「あげたこ」でした。お店の様子を短い動画にしましたので、雰囲気だけでもご賞味いただけたらと思います。(浮穴 学慈)

掲載日:2019.10.18