留学生 医療・保険

国民健康保険

国民健康保険は、病気やけがをしたときに、経済的な心配をすることなく医者にかかることを目的とした医療保険制度のひとつです。日本に1年以上在留する外国人はすべて国民健康保険に加入することが義務づけられています。加入すると医療費の自己負担が30%と、非常に安くなります。

国民健康保険は外国人登録を行った時点から資格が発生しますので、外国人登録を行う時に一緒に手続きをしてください。外国人登録終了後すぐに加入しなかった場合、加入以前の保険料をさかのぼって徴収されますので、注意してください。

また、国民健康保険証の有効期間は1年間ですので、毎年4月までに更新の手続をしなければなりません。更新手続は新規加入時と同様です。

国民健康保険料補助制度

高松市に住む留学生の場合、高松市国際交流協会が実施する「国民健康保険料助成事業」により、保険料の助成を受けることができます。

■高松大学・高松短期大学HP