ビオトープ

ビオトープとは、動植物が生息する空間。本学2号館南側広場を利用し、造成しています。
教員を目ざす学生は、豊かな自然体験ができる教育環境が不可欠であり、また、管理・活用のノウハウを習得しておくことが求められていることから、発達科学部の学生を中心としたチームビオトープを編成し、学生、教職員、協力者(業者、地域住民、その他)等による協働作業を行い完成を目指しています。
ビオトープには、導入する淡水魚、水生昆虫、水辺の植物等の採集・育成に学生が関わっています。
近隣小学校教員や地域住民から造成の専門的知識・技能の指導を受けたり、環境改善への取り組みを発信し、地域との交流を図ります。

2012年3月28日

ビオトープに石テーブル等の設置を行いました。この石は、学生会館が建てられる前に、庭園で使用していたものを再利用しました。

作業終了後に改めてビオトープを見ると、石を置く前と、置いた後ではイメージが「がらりと変わる」ということが改めてわかりました。

今回、石テーブルも設置しましたので、動植物の観察の後に休憩しつつビオトープを眺めるのもいいかもしれませんね。

 

カレンダー
2012年3月
« 2月   4月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031