ビオトープ

ビオトープとは、動植物が生息する空間。本学2号館南側広場を利用し、造成しています。
教員を目ざす学生は、豊かな自然体験ができる教育環境が不可欠であり、また、管理・活用のノウハウを習得しておくことが求められていることから、発達科学部の学生を中心としたチームビオトープを編成し、学生、教職員、協力者(業者、地域住民、その他)等による協働作業を行い完成を目指しています。
ビオトープには、導入する淡水魚、水生昆虫、水辺の植物等の採集・育成に学生が関わっています。
近隣小学校教員や地域住民から造成の専門的知識・技能の指導を受けたり、環境改善への取り組みを発信し、地域との交流を図ります。

ビオトープの整備 カテゴリー

今日は、ビオトープのせせらぎの中に増えすぎた藻をとりのぞく作業を発達科学部の学生さんと先生で行いました。

藻を手でちぎり、網で集めてウッドデッキに集めます。その中に混ざっていた小さな生き物たちを逃がしてから、不要になった藻を捨てていきます。藻と一緒にとれるのは、ちいさなエビやメダカ、また、こんなものも混ざっていました……

これはギンヤンマの幼虫ヤゴです。大きくして見たい場合は、画像をクリックしてくださいね。ギンヤンマのヤゴは何匹もビオトープに生息していました。それだけ食料となるメダカなどが豊富なんですね。

ヤゴを見るだけで、気持ち悪いと離れる学生さんもいましたが、作業を進めていくうちに少しずつ慣れていったみたいです。

5月に入り、ビオトープの新緑が美しくなりました。今回はせせらぎに「藻」が大量発生していたので、チームビオトープが藻を取り除く作業を行いました。

藻を網ですくい、藻の中にいる生き物(メダカやヤゴ)をせせらぎに返しました。作業後はせせらぎが綺麗になり、動植物の観察がしやすくなりました。

ビオトープに石テーブル等の設置を行いました。この石は、学生会館が建てられる前に、庭園で使用していたものを再利用しました。

作業終了後に改めてビオトープを見ると、石を置く前と、置いた後ではイメージが「がらりと変わる」ということが改めてわかりました。

今回、石テーブルも設置しましたので、動植物の観察の後に休憩しつつビオトープを眺めるのもいいかもしれませんね。

 

本館1階に、大型の水槽を設置しました。

設置の目的は、ビオトープ内のせせらぎで飼育するの淡水魚を飼育し、生き物を身近に観察したり、水槽の管理などの体験学習を行います。

今後、水槽内の環境をリポートしていく予定です。

学生がペンキやマジック、電動ドリルを使い、手作りでたて看板を作成しました。

看板に書かれているのは「たーちゃんの」。学生達が、緑豊かで、動植物がたくさん生息することを願い、ビオトープを「たーちゃんの森」と命名しました。

また、せせらぎの周りに杭とロープで囲いを作り、人が土とホタルを踏まないようにしました。

ホタルは雨が降った後(もしくは降っている時)に水の中から陸に上陸し、土の中にもぐり、さなぎになり、成虫に成長します。上陸する時も、光を発しますので、機会があれば、せせらぎに来て観察してくださいね。

今日は、3月6日のビオトープ開きのため、最後の追い込み作業を行いました。
ホタルの幼虫を放流した後、ホタルは陸に上陸します。そのために、上陸用の周辺整備を行いました。整備の内容はホタルの上陸場所に、土を増やし、平らにす る作業です。また、せせらぎに橋を架けます。丸太のままでは、すべるので製材してもらいました。

水槽内にある木の箱を何に使用するのかと思っていましたが、その中に土を入れて菖蒲等を植えました。これらの植物は、生命力が強く、どんどん増えるそうです。菖蒲の花が咲くのが楽しみですね。

ビオトープも完成に近づいてきました。先日、木を植えた下に、学生さんが丁寧に石を並べます。これは、根本に雑草が生えるのを防ぐためです。

森とみどりの財団にご協力いただき、クヌギ、コナラ、エノキ、クワ、アケビを購入しました。今日は学生さんが、これらの木を植えるため、地面を穴掘り。女の子も穴掘りに参加していました。穴を掘るのは大変ですが、楽しそうに作業をしていました。

いよいよ木の搬入です。東かがわ市の三寶寺の赤松先生(非常勤講師)から菩提樹3本が寄贈されました。ありがとうございました。
業者の方が手際よく小型パワーショベルで穴を掘り、クレーン車で木を傷めないように慎重に植え付け作業を行っていました。
学生さんは石の運搬・設置作業の続きを行いました。また、ビオトープに木の橋をかけるための確認作業を行いました。

カレンダー
2017年9月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930