HOME > TOPICS > 9月5日 香川県医師会と医療秘書養成に関する協定締結

TOPICS

2017.09.06
9月5日 香川県医師会と医療秘書養成に関する協定締結

9月5日、香川県医師会と高松短期大学との医療秘書養成に関する協定書の調印式があり、香川県医師会 久米川啓理事長と本学 佃昌道学長が、協定書にサインしました。
この協定をもとに、高松短期大学秘書科医療事務コースは、平成30年4月入学生から香川県医師会の医療秘書を養成する外部委託教育機関となり、日本医師会認定医療秘書要綱に定めるところに準拠した教育カリキュラムをスタートさせます。
今後、香川県医師会は、日本医師会へ日本医師会認定「医療秘書」を養成する外部委託教育機関になるための申請し、承認されると、来年4月から本学秘書科では、四国ではじめて日本医師会認定「医療秘書」の資格が取得可能になります。卒業後、診断書の作成やカルテ代行入力などをおこなう即戦力となる医師事務作業補助者を養成します。

 

h29topi0905_1.jpg h29topi0905_2.jpg

 


取材:四国新聞

高松大学・高松短期大学
〒761-0194 香川県高松市春日町960番地 TEL:087-841-3255

COPYRIGHT(C)THE REGENTS OF TAKAMATSU UNIVERSITY ALL RIGHTS RESERVED.