HOME > TOPICS > 山本幾代准教授が全国保育士養成協議会教職員表彰を受賞

TOPICS

2017.02.17
山本幾代准教授が全国保育士養成協議会教職員表彰を受賞

高松短期大学保育学科の山本幾代准教授が、平成28年度全国保育士養成協議会会員校教職員表彰を受賞されました。これは、保育士養成校に勤務し、保育士の養成に多大な貢献を行った教職員に、その功績を称えて贈られるものです。
山本准教授は、香川県内の保育現場で40年余に亘り子育て支援に携わってこられ、平成23年度4月に本学就任以来、その経験を活かして、学生の指導並びに保育士の養成に取り組んでこられました。
その一方で、香川県日本保育協会理事・役員、香川県民間保育所振興会理事・役員、香川県指導保育士等を務め、保育現場における研修指導など、県内の保育職の後継者育成にも貢献されています。
今回の受賞を称え、2月17日(金)教授会にて佃昌道学長から表彰状が手渡されました。

 

h29topi0217_1.jpg h29topi0217_2.jpg

高松大学・高松短期大学
〒761-0194 香川県高松市春日町960番地 TEL:087-841-3255

COPYRIGHT(C)THE REGENTS OF TAKAMATSU UNIVERSITY ALL RIGHTS RESERVED.