HOME > TOPICS > 1月7日 全学共通科目「うどん学」でうどん手打ち体験

TOPICS

2017.01.10
1月7日 全学共通科目「うどん学」でうどん手打ち体験

1月7日、大学全学共通科目「うどん学」を受講する学生約140名がうどんの手打ち体験を行いました。この授業は、佃昌道学長が担当。これまで、うどんの歴史、製法、材料、販売、を学び、12月に行われた「全国年明けうどん大会2016inさぬき」にボランティアとして参加するなど、様々な角度からうどんを学習してきました。
小麦粉からうどんを作るのは、ほとんどの学生が初めての体験。講師のさぬき麺業の代表取締役社長 香川 政明様から作り方を教わり、グループで協力しながら丁寧に作っていました。だしも煮干やかつお節から手作りし、美味しいさぬきうどんをみんなで味わいました。
学生たちはこの授業を通して、調査研究能力を高めるとともに、地域との接点、文化との接点を見つけていきます。

 

h29topi0110_1.jpg h29topi0110_2.jpg

 

h29topi0110_3.jpg h29topi0110_4.jpg

 

取材:日本経済新聞、高松ケーブルテレビ、NHK高松放送局、RNC西日本放送

高松大学・高松短期大学
〒761-0194 香川県高松市春日町960番地 TEL:087-841-3255

COPYRIGHT(C)THE REGENTS OF TAKAMATSU UNIVERSITY ALL RIGHTS RESERVED.