HOME > 大学紹介 > 学長挨拶

学長挨拶

本学の建学の精神のひとつに「対話にみちみちたゆたかな人間教育をめざす大学」とあります。対話は双方向の会話であり、その糸口は「気づき」です。
気づきがあって初めて人は会話を始めます。気づきを得るひとつの学びとして、本学では「実践の場」を用意しています。実習やインターンシップ、地域活動など、疑似体験ではない「社会」が語りかけてくる言葉は、厳しいかもしれません。しかし、五感を通して得られる気づきに満ちた学びのなかに、学問の府としての豊かさがあると考えています。
また、本学は学生、保護者、教職員が三位一体となって学生の成長を考えようとしています。親子間に教職員の言葉が介在することで、学生に気づきが芽生え、対話が生まれ、将来を主体的に構築していく基盤が創造されます。
香川県は教育に対する意識の高い県であり、なかでも高松市は四国経済の中核都市でもあります。そこに位置する本学は、地域に根ざし、地域に貢献するという視点においての実践教育に対して、非常に高いポテンシャルを持っていると言えます。学問体系に基づいた理論と、気づきを生む実践を通して、知的な粘り強さや社会をたくましく生き抜く力を持つ人間を育てるのが、本学の姿勢です。

学長のビジョン

人間の無限の可能性を信じて、教育に果敢に挑戦する熱意の醸成と建学の精神を具現化するため、正課はもとより正課外においても学ぶことのできる教育環境の整備とその支援に努めることにより、本学に入学したことに喜びを感じることのできる、学生のための学園を構築します。

このことにより明朗闊達で品格を備え、豊かな人間性と個性をもち、未来を開く教養と専門性を備えた幅広い職業人の養成をはかり、地域社会に貢献できる大学を目指します。

教育方針

建学の精神および学長のビジョンを目指し、「学生のための大学であること」を指導の根幹に据え、建学の精神を体現化した研究室活動・演習(ゼミナール)活動をベースに教育責任を果たし、本学の社会的責任を遂行するため、つぎの教育方針をさだめます。

  • 学生のための大学であることを自覚し、「より良い教育の開発工夫と実践」を最優先課題とします。
  • 学生一人ひとりの対話を基本として学生の教育指導に当たります。
  • 学生指導に当たっては、人としての基本的人権及び人格を最大限尊重し、学生の利益を最大限に尊重します。
  • 教育活動においては、学生の理解度を正確に認識するとともに、内容・方法等についても、自己点検・評価を常に行い、よりよい教育の実践を目指して、つねに自己改善をはかります。

高松大学・高松短期大学
〒761-0194 香川県高松市春日町960番地 TEL:087-841-3255

COPYRIGHT(C)THE REGENTS OF TAKAMATSU UNIVERSITY ALL RIGHTS RESERVED.